読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらい!!生理前のPMS症状を改善する方法とは?

生理の前になると、イライラ、むくみ、吐き気、めまい、おなかの痛み、頭痛などのつらい症状がある。それは、PMS(月経前症候群)かもしれません!PMSの症状を正しく知って、漢方、ピル、サプリメント、体質改善などの自分に合った効果的な改善方法を見つけて、はやめに治療してゆきましょう!

生理前のつらい便秘をなおせる漢方薬の下剤とは?

生理前のPMS月経前症候群)つらい便秘

 

 

生理前になるとかならず便秘になる」

 

「生理前はお腹にガスがたまってツライ」

 

「生理前でもお腹が重くて痛い感じがする。」

 

ていう女性って本当に多いんです。

 

f:id:flowering-chamomil:20170315135629j:plain

 

それは、

PMS月経前症候群)の原因のひとつで

生理前に分泌量の多くなる

「黄体ホルモン」の働きによるものだと

考えられています。

 

 

この黄体ホルモンは、

妊娠をつかさどるホルモンといわれ

女性の体を妊娠しやすくしたり

妊娠した場合には妊娠を継続させる

働きがあります。

 

実はこの妊娠と便秘には、

切っても切れない関連性があるんです。

 

それは、

腸と子宮って隣り合っていて

腸の蠕動運動と子宮の収縮運動が

お互いに作用しあうという関係が

あります。

 

月経や出産などで、

子宮が強く収縮するとそれに伴い

腸も刺激を受けて排便や下痢を

催しやすくなります。

 

また逆に、

食あたりなどで腸が激しく蠕動すると

不正出血が起こったり、

流産を誘発したりする働きがあります。

 

こういった、相互の働きによって

妊娠に悪影響を及ぼさせないために

妊娠をつかさどる黄体ホルモンには

子宮の収縮や腸の蠕動運動を抑制する

作用があります。

 

この作用によって、

妊娠の可能性が高まる排卵から

生理開始までの時期は

ひどい便秘になる女性が

多いんです。

 

生理前の便秘を改善するには??

 

妊娠出産は女性にとって重要な事で

あるといっても、やはり便秘が何日も

続いてしまうのはつらいですよね?

 

では、どうしたら生理前の便秘を改善

できるでしょうか??

 

便秘には下剤を服用するのが

一般的ですが、

漢方薬といえども薬に頼ると

薬なしでは排便が困難になって

しまう事もあります。

 

ですので、薬を飲む前に

自分でできる便秘の改善法を

お試しください!!

 

生理前の便秘は弛緩型の便秘といわれ

腸の蠕動運動が抑制されて便の排出が

滞っています。

 

そこで、腸の動きを助ける方法として

外側から腸の動きを助けてあげると

良いんです。

 

方法としては・・・

 

毎日時間を決めて、

仰向けにリラックスして寝転がり

おへそを起点に下腹部にかけて

大きく「の」の字を書くように

マッサージを行います。

 

その際に、腸の上を痛くない程度

ググッと腸内の便を押しながら

移動させるようなイメージで

おこないます。

 

 

このマッサージの前後に、

冷たいお水をグッと飲んで

「腸が動き出す」感じをイメージすると

効果的です。

 

腸が動き出した感じをつかんだら

すぐにトイレに行いきます。

(その日に出なくも大丈夫です)

 

毎日同じ時間に繰り返すことで

体が排便のリズムをつかんで

マッサージなしでも排便できる

ようになってきます。

 

 

もしこれでもダメであれば

この方法を続けながら…

 

漢方薬

「大黄甘草湯」
(だいおうかんぞうとう)

 

をお試しください。

 

「大黄甘草湯」は比較的

色々な体質の方にも使っていただける

オールマイティな漢方薬の便秘薬です。

 


腸は第二の脳ともいわれ、

とても大切な臓器ですので

ぜひ便秘せずに健康を

保てるといいですね!