読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらい!!生理前のPMS症状を改善する方法とは?

生理の前になると、イライラ、むくみ、吐き気、めまい、おなかの痛み、頭痛などのつらい症状がある。それは、PMS(月経前症候群)かもしれません!PMSの症状を正しく知って、漢方、ピル、サプリメント、体質改善などの自分に合った効果的な改善方法を見つけて、はやめに治療してゆきましょう!

PMS改善に効果的なツムラの漢方薬ってどれ?

PMSの改善には漢方薬が適しています

 

PMSなど原因がまだわかっていない

病気の改善には漢方薬が適しています。

 

というのは、

現代一般的に用いられている西洋医学は

原因やメカニズムを解明して治療を行う

というスタンスだからです。

 

その点、漢方医学では

患者の体質と症状から治療方法を

選択します。

 

こういった体質の患者が

こういった症状を訴えたら、

このように対処すると改善する

という莫大なデータによって

成り立っている医学であるといえます。

 

ですので、

PMSのように原因がわかっていない

疾患の改善には漢方が用いられることが

多いです。

 

 

国内における漢方薬のシェアNo1は

なんといってもツムラです。

 

そのツムラの漢方の中で、

実際にPMSの改善に用いられるのは…

 

☆加味帰脾湯

(かみ きひとう)
加味逍遥散

(かみ しょうようさん)
桂枝加竜骨牡蛎

(けいしかりゅうこつ ぼれいとう)
半夏厚朴湯

(はんげ こうぼくとう)
抑肝散加陳皮半夏

(よくかんさん かちんぴはんげ)
女神散

(にょしんさん)
柴胡加竜骨牡蛎湯

(さいこかりゅうこつ ぼれいとう)
黄連解毒湯

(おうれん げどくとう)

☆桃核承気湯

(とうかくじょうきとう)

温経湯

(うんけいとう)

抑肝散

(よくかんさん)

五苓散

(ごれいさん)

 

などが良く用いられます。

(これ以外にもさまざまありますが

 代表的な例を挙げます)

 

漢方薬は本当に安心・安全??

しかし、

これらは体質や症状に合わせて

漢方に精通した漢方医が見立てて

処方するものです。

 

素人判断で自分で

ドラックストアで購入するというのは

おすすめできません。

 

漢方薬の処方は、

経験の豊富な漢方医でも難しいものです。

f:id:flowering-chamomil:20170315135629j:plain

「漢方=安心・安全」というイメージが

ありますが…

 

漢方薬にも使い方を間違えると

強い副作用や死亡例も複数あります。

 

決して素人判断での服用は

おすすめしません!

 

また、「漢方=安全」というのは

現代において果たしてそういう事が

できるかといえば疑問です。

 

たとえば、

漢方薬の原産国ってどこだと思いますか??

 

主に中国や韓国などです。

 

あの段ボール肉まんや、

寄生虫入りキムチを

製造して販売する国です。

 

漢方薬だけは、

良心的に衛生的な環境で

製造しているのでしょうか??

 

そんな話は、残念ながら聞いたことが

ありません。

 

また、

PM2.5や虹色の川など環境汚染

砂漠での核実験の放射能が含まれた

黄砂は遠く日本まで飛んできます。

 

そんな自然豊かな大地で採取された

生薬ははたして安心・安全でしょうか??

 

答えは闇の中です。

 

現在、大手メーカーなどを中心に

国内で生薬を自給する動きが

高まっています。

(安全性というよりも、

 中国の経済成長によるコスト面で)

 

ハーブなどではオーガニックが当たり前に

選択できます。

 

しかし、漢方薬はいまだに出どころの怪しい

生薬が堂々と流通しています。

 

こんなことを書くと

アンチ漢方薬だと思われそうですが…

 

全く逆で、

漢方薬はすばらしい中国人の英知の

結晶だとおもっています。

 

日本人と同じで、中国人の中には

良い人もいれば悪い人もいます。

 

しかし中国には、

悪いことをしても上手くやれれば

咎められない体質があるのも事実です。

 

ぜひ、

安心安全な漢方薬が手に入る時代が

いつか来ればよいと心から願っています。