読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらい!!生理前のPMS症状を改善する方法とは?

生理の前になると、イライラ、むくみ、吐き気、めまい、おなかの痛み、頭痛などのつらい症状がある。それは、PMS(月経前症候群)かもしれません!PMSの症状を正しく知って、漢方、ピル、サプリメント、体質改善などの自分に合った効果的な改善方法を見つけて、はやめに治療してゆきましょう!

PMSの漢方治療を行える東京都内の病院

漢方治療はPMSの治療に向いています!

 

漢方は、

生理前のPMS月経前症候群)など

内分泌疾患の治療に向いています。

 

それは、

脳出血や心疾患などの急性疾患や

怪我など、”切ったり張ったり”の

治療法が効果的な疾患に比べ…

 

PMSはメカニズムも原因も不明

治療法も確立されていない

という疾患だからです。

 

西洋医学は原因を確定し、

その原因を取り除くという

治療プロセスが主流です。

 

ですので、原因不明の

PMSに対しては治療のしようがない

というのが医者の本音です。

 

ですのでそういった疾患に対し、

専門違いの「漢方薬」を処方します。

f:id:flowering-chamomil:20170210124702j:plain

しかし、漢方薬

西洋のケミカルな薬の代替えには

なりません。

 

というのも、

治療方針が西洋医学とは異なる為です。

 

西洋医学は病気の原因を探り

病気を取り除くことを目的とします。

 

しかし、

漢方医学では病だけではなく

その人の生まれつきの体質や状態も

含めて治療して改善するという事を

目的とします。

 

ですので、

同じ病気であっても

体力のある「実証」の方と

虚弱体質の「虚証」の方では、

処方する薬の種類や量も変えます。

 

このように、

工場でパッケージされた西洋薬と違い

漢方薬は細かくオーダーメードで

処方されるものです。

 

しかし、

本来の漢方薬としての処方を行う医院は

本当に少なく大体はパッケージされた

漢方エキス薬を処方します。

 

これでは、

正しい漢方の効果を

実感することは難しいんです。

 

これまでも、

本当に漢方に精通した漢方医に

出会うのは難しいと散々書いてきました。

 

でも、

それではあまりにも不親切ですので…

 

東京都内で漢方に精通した漢方医」

より近いところにいらっしゃる先生を

ご紹介します。

 

 

 

東京都内でおすすめの漢方専門の病院

 

私が都内でおすすめする

漢方に精通した漢方医」

により近いお医者さんはこちらです↓

 

 

「下田医院」

東京都豊島区巣鴨1丁目10−3 第3川端ビル

 

 

入口の狭い雑居ビルのたしか2階にありました。

 

f:id:flowering-chamomil:20170407153018p:plain

 

 

大通りから一本入った路地に面していて

周囲は…ピンサロのお店とかもあります。

 

ハッキリ言って、女性一人で行くには

勇気のいる界隈です。

 

雑居ビルも怪しさ&小汚さ満点です(笑)

(病院の中も同じ雰囲気です)

 

 

でもでも、

お医者さんに関しては信頼のおける方です!!

 

下田 哲也先生という方で、

「医者とハサミは使いよう」

「漢方の診療室から」

「オモシロ漢方活用術」

などの著書も多く出版しています。

 

もともとは西洋医学の精神科の

お医者さんだったようですが、

漢方の道を志されたそうです。

 

出身大学は自治医科大学という

へき地医療・地域福祉などを目的とした

学費免除の大学出身で、

実際にへき地医療に携わって

いらっしゃいました。

 

 

この先生のすばらしいところは、

患者ときちんと向き合っている

ところです!!

 

「3分診療」なんてことが問題になる昨今、

じっくりと患者の話を聞き、

一緒に治療について本気で考えてくれる

町医者って少ないです!!

 

その意味で、

真の漢方医たる資質を備えている方である

と感じます。

 

精神科医やカウンセラーの鉄則として

「患者の話を真に受けて聞いてはいけない」

「患者に親身になってはいけない」

というものがあります。

 

たしかに、

患者のマイナスの感情に引きずられ

無いようにするという事は重要なことです。

 

しかし、

患者としては向き合ってもらえなければ

治療のしようがないのではないかと感じます。

f:id:flowering-chamomil:20161219055803j:plain

 

下田医院は、

本当に患者一人一人に親身になって

話を聞いてくれる少ない病院です。

 

以前、受診した日には、

ゲイの方のカップルが

先生と仲睦まじく診察室で

お話をしていました。

 

 

また、下田医院は保険適応の

漢方を生薬で処方してくださいます!

 

生薬というのは、

植物や鉱物など自然そのままの

素材です。

 

それを煎じて服用するので、

ちょっと手間はかかりますが

効果は抜群です。

 

保険適応ですので、

1か月分も5000円程度で処方して

くださったような記憶があります。

(べらぼうに高いという事はありませんでした。)

 

広告等は一切せず、

朴訥と口コミで集まる患者に

親身になって治療する

隠れた名医です。

 

ただ、一つだけ・・・

気になるのは。。。

 

下田先生自身の顔色の悪さです。

 

以前、家の近所にあった漢方の名医は

90歳近くまで現役で診察されていて

大黒様のようにつやつやピカピカの

美しい肌や肉体をされていました。

 

それを知っている身としては、

「医者の不養生」かもしれませんが

ちょっと気になってしまいます。。。

 

お忙しい方ですし、

きちんと患者と向き合う分の

マイナスの波動を受けてしまう為

かもしれませんが心配に

なってしまいます。

 

長く長く続けてほしい方ですので、

どうぞご自愛くださいと

お伝えしたいです。