読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらい!!生理前のPMS症状を改善する方法とは?

生理の前になると、イライラ、むくみ、吐き気、めまい、おなかの痛み、頭痛などのつらい症状がある。それは、PMS(月経前症候群)かもしれません!PMSの症状を正しく知って、漢方、ピル、サプリメント、体質改善などの自分に合った効果的な改善方法を見つけて、はやめに治療してゆきましょう!

生理前はいつもより疲れる

生理前は疲れやすくなる??

 

生理前になると体がだるい。

 

生理前はいつもより疲れる。。

 

生理前はがんばれない。。。

 

 

そう感じる女性って結構多いんです。

 

 

それはPMS(月経前症候群)の症状

 

かもしれません。

 

 

排卵~生理直前PMS(月経前症候群)の時期には、

 

黄体ホルモンとよばれる女性ホルモンが分泌され、

 

その作用で体に大きな変化が起きます。

 

 

黄体ホルモンは、女性の体を妊娠しやすくし

 

妊娠した場合には、妊娠を継続する働きがあります。

 

 

たとえば、受精卵を子宮内膜に着床させやすくする為に、

 

子宮や腸の動きを低下させます。

 

そのため、便秘が引き起こされます。

 

子宮と腸なんて、別物でしょって思う方も

 

いらっしゃるかもしれませんが…

 

むかーしの堕胎薬って、強力な下剤だった

 

なんて話もあります。

 

 

昭和の末期には、普通に市販されていたって

 

いうんですから、怖いですね…

 

生理前は妊娠の準備期間です

妊娠するという事は、自分の栄養だけで、

 

出産まで胎児を育てるという事です。

 

 

それってあたりまえのことって思われる

 

かもしれませんが…

 

自分の食べたものや自分の体の中の栄養だけで、

 

人ひとり分の脳も骨も体もすべて作るって、

 

かなーり大変なことです。

 

f:id:flowering-chamomil:20161219091720j:plain

現代のようにいつでも栄養豊富な食事が

 

食べられるという時代は、

 

過去にはなかったんです。

 

 

野生生活の中では、毎日食事が取れる

 

なんていうことは本当に稀でした。

 

食べられるときにたくさん食べて、

 

体脂肪として蓄えることで、

 

なんとか飢えをしのいでいました。

 

 

それでも、なるべく体に貯めた貴重な

 

体脂肪を消費しないように、

 

無駄な体力を使わなという本能が

 

備わっています。

 

そして、妊娠という大仕事が待ち受けている、

 

排卵~生理直前の時期は、

 

特にそういった本能が前面に出てくるんです。

 

 

それが、生理前の「だるさ」の原因だと考えられます。

 

 

つまり、生理前に疲れた感じがする。。。

 

何もしたくない~

 

だるい!!

 

っていうのは、人間の本能なんです。

 

人間も本能に動かされる動物の一種です。

 

 

本能に逆らっても、結局疲れちゃうだけで、

 

成果は上がりません。

 

なので…

 

生理前のPMS(月経前症候群)の時期は、

 

静かに過ごして、体調を整えましょう。

 

そして生理が始まり、

 

前月に体に貯まった毒素を

 

すっきりデトックスできたら…

 

生理の後の、

 

なんでもできちゃう!

 

キラキラ期が待っています!!

 

キラキラ期が訪れたら、

 

一生懸命がんばって、

 

PMS(月経前症候群)の時期を

 

取り戻しましょう!!

 

いつもだったら簡単にできる事、

 

いつもだったら楽しめる事、

 

いつもだったら。。。。

 

 

でもちょっと逆側から考えてみませんか??

 

いつも、一生懸命がんばっている。。

 

がんばりすぎているから、

 

生理前のPMS(月経前症候群)の時期

 

がつらくなっていませんか?

 

 

自分を大切にすることは、

 

良いことですよ。

 

仕事はやめられますが、

 

自分はやめられません!!