読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらい!!生理前のPMS症状を改善する方法とは?

生理の前になると、イライラ、むくみ、吐き気、めまい、おなかの痛み、頭痛などのつらい症状がある。それは、PMS(月経前症候群)かもしれません!PMSの症状を正しく知って、漢方、ピル、サプリメント、体質改善などの自分に合った効果的な改善方法を見つけて、はやめに治療してゆきましょう!

彼女や妻の生理前のイライラの具体的な対応法

「彼女や妻の生理前のイライラ」の記事の続きです。

 

PMS月経前症候群)の際に具体的にどのようなサポートをすればよいか?

 

やり方は単純ですが、忍耐と慣れがとても必要になってきます。

 

はじめはうまくいかなくても、だんだん慣れてお互いのやりやすい

 

ペースや距離感をつかんでいってください。

 

1女性の生理周期を知る(日数には個人差があります!)

 女性の生理周期はざっくり分けて3つの時期があります。

 

 ひとつは生理出血がある時期で、3~7日程度あります。

 

 生理の出血が始まった日を1日目として28~35日目まで、

 

 かぞえてゆきます。(生理周期が28~35日間で一周するため)

 

 そして、生理出血終了から排卵日あたりまでを、「キラキラ期」

 

 とします。

 

 そして排卵から、次の生理出血があるまでがPMS月経前症候群

 

 の時期です。

 

 生理出血(3-7日)→キラキラ期(7‐10日)→PMS時期(10‐14日)

 

 ↑これを28日~35日ぐらいの周期でくりかえしているイメージです!

 

 ですので、彼女が生理になったら「今回は何日頃生理はじまったの?」っと

 

 さりげなく聞いてみましょう。あくまでさりげなく聞いて下さいね!!

 

 そしてその生理初日からさかのぼって、約2週間程度がPMS月経前症候群) 

 

 の時期であったと推測されます。

 

 そしてそれをもとに、上記の一般的な生理周期の時期と照らし合わせて、

 

 次回のPMS月経前症候群)の時期を割り出します。

 

 個人差があるので、最低3か月は生理初日がいつだったか確かめると

 

 当たる確立がアップします。

 

 本当は、彼女に直接PMSの時期がいつ頃かを尋ねられればいいのですが、

 

 付き合いの長さや性格にもよってきますので、無理のない範囲で行いましょう。

 

 こうして、PMSの時期を割り出すことによって、各段に対処しやすくなります。

 

f:id:flowering-chamomil:20161214110939j:plain

 2PMSの症状や仕組みを知る

  PMSは妊娠にかかわる女性ホルモンである黄体ホルモンが分泌される

 

  次期になると、不快な症状が表れる疾患です。

 

  詳しくは、他の記事にも書いてありますのでご一読ください。

 

3相手の女性をよく観察する 

 1で割り出したPMS月経前症候群)の時期になると

 

 彼女にどういった症状が出るのか?

 

 よく女性を観察して、把握していってみてください。

 

4適切に対処する

  腹痛・頭痛・腰痛・だるさなど、体の不快な症状は、

  

  患部を直接温めることで改善することがあります。

 

  使い捨てカイロやゆたんぽを準備しておいて、

 

  症状が出たらすぐに温めてみてください。

 

   イライラやだるさや気分の落ち込みなどの対処は、

 

  とっても難しく一筋縄では行きません。

 

  イライラややつあたりの対応は忍耐力や慣れが必要です。

  

  でも本当は彼女も大好きなあなたにイライラや八つ当たり

 

  なんてしたくないんです。

 

  あなたの後ろ側に広がっている世界にイライラしているぐらいに、

 

  受け流して「だいじょうぶだよ~」と包み込んでくれたら、

 

  彼女はあなたに強い信頼感を抱きます。

 

  「一人にしてほしい」

 

   と言ってきたら、一人にしてあげてください。

 

   ときどき「大丈夫?」ぐらいの声はかけながら、

 

   放置しておいてください。

 

   PMS月経前症候群)の時期が過ぎれば元通りの、

 

   素敵な彼女に戻ります。

 

   その時はお出かけやスキンシップをたくさん楽しみましょう!

 

   「きらきら期」の彼女ならば、

 

   今度はあなたのわがままも聞いてもらえると思いますよ!

 

 そんな風に、彼女の生理やPMS月経前症候群)に対応してゆける、

 

 「有能な男性」になれたならば素敵な未来も近いと思いますよ~