読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらい!!生理前のPMS症状を改善する方法とは?

生理の前になると、イライラ、むくみ、吐き気、めまい、おなかの痛み、頭痛などのつらい症状がある。それは、PMS(月経前症候群)かもしれません!PMSの症状を正しく知って、漢方、ピル、サプリメント、体質改善などの自分に合った効果的な改善方法を見つけて、はやめに治療してゆきましょう!

なんだかイライラ!落ち込む~急に泣く!!

「なんだか最近、感情や体調の波がある。」

 

そう感じる時ってありませんか?

 

世界がキラキラ輝いて見えて、私今ならでもできちゃう!!

 

という時と、

 

何もかもイライラする、うざい、だるい、さわるな、関わらないで~

 

何にもしたくない、何にもできない!ひとりで部屋にひきこもりたい!!

 

っていう時がある。

 

気持ちが激しく乱高下して不安定で、

 

自分で自分がコントロールできない!!

 

それってじつは、生理や女性ホルモンと

 

深い関係があるかもしれません。

 

女性は、毎月訪れる生理の周期の中で、

 

複数の女性ホルモンが分泌され、

 

体の中では様々な変化が訪れます。

 

そのホルモンの増減や、体の変化によって

 

体調や気持ちが不安定になり変動してしまうんです。

 

そして、その症状がつらい・ひどいと感じる女性が、

 

増えているそうなんです。

 

もしあなたに心当たりがあるならば

 

それはPMS月経前症候群)かもしれません。

 

PMS月経前症候群)という名前の通り、

 

生理の前に症状が出ることが特徴です。

 

「女心と秋の空」

 

という言葉を聞いたことってありませんか?

 

女の人の気持ちと秋の空はコロコロ変わりやすくて難しい

 

という意味です。

 

昔から女性は、気持ちや感情の浮き沈みに悩まされていたんですね。

 

「女心と秋の空」という言葉には、

 

女性なんて”そんなもの”って諦めた感が伝わってきますよね?

 

f:id:flowering-chamomil:20161214093639j:plain

でも、今は女性は男性と同じようにバリバリ社会で戦っていかなければ

 

ならない時代です。

 

たしかに妊娠・出産は女性にしかできない社会的役割です。

 

でも、現代では「女性は家に引きこもって、子どもを産んで育てていればいい」

 

というわけにはいきませんよね?

 

政府がどんどん一人当たりの所得を減らしている為、

 

女性は共働きをしながら妊娠・出産という大仕事も

 

こなさなければならない時代です。

 

この先、多くの女性が社会の中で

 

一生働き続けなければならくなってゆくでしょう。

 

その状況で「女だから気分が変わるの~」なんて許されるでしょうか?

 

許されないですよね?

 

では、女性が多い会社だったら許されるでしょうか?

 

女性社会のほうが女性のささいな変化が分かる分、

 

余計に足を引っ張る理由にされかねないですよね?

 

つまり、女性が女性特有の感情がコロコロ変わる

 

という状態を放置していたら?どうなるかわかりますよね?

 

社会的信用を無くします。

 

そういう女性が多かったらどうなるでしょうか?

 

女性の立場はどんどん弱くなり、かつての男尊女卑の時代に

 

逆行してゆく可能性だってあります。

 

ちょっと怖い話ですよね。

 

産む機械

 

なんて、男性政治家に二度と言わせたくないですよね??

 

その為には、女性が自分自身の体と向き合って、

 

上手に「女性」をコントロールする方法を身に付ける

 

事だと考えています。

 

その方法を、一緒に考えて行きましょう。